Translate

2006年12月5日火曜日

DSOは、Tektronixにするか?Agilentにするか?

だいぶ前から、デジタル ストレージ オシロスコープ(略してDSO)を買う積もりで色々と調べて意中のモデルを決めました。
それを買うにあたって何処で買うかが問題になります。さすがの秋葉原でもこの様なジャンルの製品を店頭展示して販売している店は数少なく指折り数えるほどです。

今回はこの業界に詳しい知人に紹介して頂き、その店へ取りあえず行ってみることにしました。
たまたま別の用事でアキバに来たついでと言うことで、アポも無しにその店へ立ち寄ってみましたが、運良くご紹介頂いていた店員さんが居られて話が早かったです。

Agilent DSO
私の希望は既に先方へ伝わっていて、話半分で済んでしまい後は補足程度でした。
展示してあるTektronixのモノに手を触れて「これに決める積もり」っと言うと、店員の方が、Agilentから同じ様なモノが出て「性能は少し上、しかもカラーディスプレイ、価格は少し高め」とアドバイスがありカタログを手渡されました。

そのカタログによると、
DSO3000シリーズ・オシロスコープは、大型ディスプレイ、高度な測定機能、トリガ機能を持ち、価格が安いだけではありません。最高1 Gサンプル/sのサンプリング・レートと、同クラスのオシロスコープに比べて2倍近いメモリ長を備え、信号を詳細に解析できます。
特長としては、

*12万円台からという低価格
*大型の15cm カラー・ディスプレイ
*最高1Gサンプル/sのサンプリング・レートと4kポイントのメモリ長
*エッジ、パルス幅、ビデオ信号トリガを含む、高度なトリガ機能
*20個の自動測定とFFTを含む4個の測定機能
*USB、GPIB、RS-232コネクティビテ

お値段が高めな分だけ、性能もそれなりに上の印象を持ちました。
今の段階で横から別のモデルが出てくると、迷いもあり直ぐには決めかねる事態になりました。しかし、価格は確実に二割ほど当初考えていたより高くなる訳で、個人で買うには辛いものがありそうに思っています。ただし、スペックシートを見る限りに於いては、なかなか良さそぉ〜〜〜

0 件のコメント:

コメントを投稿