Translate

2016年8月6日土曜日

春日無線工業製の 6R-4Sの "S" は何を意味するのか?

春日無線工業(後のケンウッド)製の通信型受信機 6R-4Sだが、6 は真空管が六本、R は Receiver(受信機)、4 は四バンドと理解できるが、サフィックスの "S" は何を意味するのか?

TRIO Amateur Radio Receiver 6R-4S

この後に出た 9R-4は正しく、それで解釈できるし、それに続く後継機も 9R-59Dまで、何となくネーミングが理解できる。

その後、サフィックスに "S" が付く製品は、暫く途絶えていたが、9R-59DSで復活し、同時期の SSB受信機 JR-300Sも、この例に倣った。以後、TX-388Sや JR-500S、TX-20S/15S/10Sなどが続いた。

どうやら、SSB対応機には末尾に "S" を付けたらしいことがわかった。

では、 6R-4Sの場合は、どの様に解釈するのか?
当時のカタログの記述から読み取ると、セミキットで発売したとあるが、自作出来ない人や急ぐ人には完成品も用意するとあった。

このことから、SemiKit(セミキット)を意識して型番のサフィックスに "S" を付けた。
それは製品管理上の呼称のはずだったが、フロントパネルにも表示してしまったと推測した。

その後の製品では、例えば、
 9R-4 A:球無しセミキット
 9R-4 B:完成品
 9R-4 C:球無しオールキット

A, B, C は社内呼称で、製品パネルには表示されないルールとしたようだ。

既に生き証人も居ないこの時代では推測の域を出ないが、今さらに思うに、春日無線工業が手掛けた初の製品だけに、ルールが後追いしたのではないかと思われる。

蛇足だが、
その後、SSBの時代になり、その "S" は、製品ランクの区別に用いられる事になった。

0 件のコメント:

コメントを投稿